ノルウェーの取り締まり

道路交通法違反の取締り状況(平成21年 – 平成22年比較)

自動車死亡事故統計の記事で紹介しきれなかったデータの中から道路交通法の違反を取りまとめました。

道交法違反対前年比増減率と増減数

1.告知・送致件数

告知・送致件数平成22年12月末平成21年12月末増減数対前年比
無免許33,83236,817-2,985-8.1


酒酔い848954-106-11.1
酒気
帯び
0.25以上21,87822,756-878-3.9
0.25未満17,04718,091-1,044-5.8
38,92540,847-1,922-4.7
小計39,77341,801-2,028-4.9





50㌔オーバー26,69428,701-2,007-7.0
50㌔未満331,497358,046-26,549-7.4
30㌔未満413,083446,540-33,457-7.5
25㌔未満868,926949,258-80,332-8.5
20㌔未満727,975763,252-35,277-4.6
15㌔未満4752-5-9.6
小計2,368,2222,545,849-177,627-7.0
信号無視691,564696,314-4,750-0.7
歩行者妨害63,77164,643-872-1.3
一時不停止1,137,1951,194,391-57,196-4.8
過労運転等6053+7+13.2



積載10割以上1,0551,022+33+3.2
積載10割未満2,6222,830-208-7.3
積載5割未満2,2772,268+9+0.4
(過積載の小計)5,9546,120-166-2.7
積載方法等12,2315,367+6,864+127.9
小計18,18511,487+6,698+58.3
通行禁止796,104791,131+4,973+0.6
追越し・通行区分291,799315,936-24,137-7.6
徐行2,8093,174-365-11.5
整備不良車運転65,27278,538-13,266-16.9
消音器不備4,0444,184-140-3.3
踏切不停止等121,589122,137-548-0.4
携帯電話使用等
危険違反
276203+73+36.0
携帯電話使用等
使用違反
1,317,0991,251,568+65,531+5.2
右左折方法79,81889,600-9,782-10.9
騒音運転等349306+43+14.1
その他521,984526,110-4,126-0.8
駐停車禁止場所等違反53,93856,387-2,449-4.3
うち放置駐車違反46,62948,465-1,836-3.8
駐車禁止場所等違反345,215428,993-83,778-19.5
うち放置駐車違反322,695400,408-77,713-19.4
免許不携帯違反88,04686,138+1,908+2.2
合計8,040,9448,345,760-304,816-3.7

携帯電話の使用違反での検挙が増加していますが全体の傾向としてはまずまずの結果ではないでしょうか?

2.行政処分の基礎点数告知件数

平成22年12月末 平成21年12月末 増減数 増減率
シートベルト装着義務 2,030,900 2,163,131 -132,231 -6.1
幼児補助装置使用義務 109,387 86,145 +23,242 +27.0

反則金のないシートベルト装着義務違反やチャイルドシートなどの使用義務違反は後者が増加しています。+27.0%と割りと高い増加率になっていますが、これは違反をする人が増えたというよりは検挙の強化によるものではないでしょうか?

交通事故には大抵何らかの道交法違反が絡んでいます。運転中に事故を起こさないためにはまず基本ルールをしっかり守るということが大切ですね。

交通違反点数と反則金についてはこちらのサイトが詳しくまとめられていますのでぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。