カーライフ

新車購入時のエコカー補助金がどうやら9月末で終了しそうです。

トヨタのプリウス大ヒットの一因となったエコカー補助金が予定通りに9月末で終わりそうですね。

もともと景気対策の一環としてスタートしたエコカー補助金ですが、車の乗換え時にエコカーを選ぶだけで5万円~25万円の補助金が出るとあって、新車の販売台数も増加し自動車産業の景気回復にも大きく貢献した補助金だけに延長を求める声も大きいようです。

当初は今年3月末の終了予定だったが、景気テコ入れのため、今年9月末まで延長され、7月14日現在の申請台数は353万台に達した。同制度は、国内の自動車販売の追い風となっており、10年1~6月の国内新車販売台数(軽自動車を含む)は前年同期比21・5%増の265万台と、上半期としては5年ぶりに前年実績を上回った。
エコカー補助「延長せず」予定通り9月終了:YOMIURI ONLINE

車を買い替えようという人にとっては、これ以上ないくらい背中を押されるようなありがたい制度だっただけに終了となるととても残念ですね。

ただ、正式には補助金終了が決定したわけではないようなので、来年当たりにマイカーを買い換えようかな~と思っていた私は密かに延長してくれないか期待しています。

余計なことですが、この補助金終了について直嶋経済産業相が述べたコメントが少し引っかかりました。そのコメントは以下です。

「景気対策として一定の効果が出ている。10月以降の延長は検討していない。無制限に続けるべきものではない」

確かにごもっともですが、ガソリン税をはじめとする暫定税率はしつこく延長しているくせにやたらとあっさりした態度ですね。
おっしゃるとおり暫定的なものついては無制限に続けるべきではありませんよね。ちょっと気になるコメントだったので敢えて言及させてもらいました。それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。