エンジン

元スタンド店員の整備士が教える車を長持ちさせる為のメンテナンスの秘訣というか常識 BEST.3

こんにちは元ガソリンスタンド店員のyo-heiです。
在籍していたスタンドのSS(サービス・ステーション)で、整備士として毎日のようにお客さんの車の簡単なメンテナンスをしていた経験から、車の調子を保つ・又は車を長持ちさせるために気を使ったほうがいいことを知っています。

車を長持ちさせるためには、ある程度のメンテが必要

ご存知のとおり車の構成部品やフルード(オイル類のこと)は消耗品だらけです。近年は技術の向上により各パーツなどの耐用年数が徐々に長くなっているようなので、ぶっちゃけて言うとあまりマメにメンテナンスをしなくても自動車は結構長持ちします。
しかし、新車で購入した車でも使用年数や走行距離が増えてくるにしたがって、どうしても部品交換が必要になったり燃費が悪くなってきたりします。これは消耗品の集合体である車には避けては通れない道ですよね。
今回はその消耗品の集りである自動車のこれだけはマメにメンテしておきたい物、特に車の使用年数・走行距離が増えてもなるべく修理箇所が発生しないようなメンテナンス・ベスト3を発表します。

マイカーを長持ちさせるためのメンテナンスBEST.1【エンジンオイル】

これはもう当然というか予想通りだと思いますが、車のエンジンにとってオイルというのは本当に超重要です。メンテナンスの基本中の基本といってもいいと思います。
言い切ってもいいですが、エンジンオイルが入ってなければエンジンはまともに動きません。オイルの入ってないエンジンを回転させようとしてもすぐに焼きつくか、ピストン・シリンダーに深刻なダメージを与えるでしょう。そもそも回転しないかもしれません。

あなたはエンジンオイルの役割をちゃんとご存知ですか?

エンジンオイルは単なる潤滑油ではありません。もちろんエンジン内の各精密部品の潤滑が最大の目的ですが、他にもいくつか重要な役割があります。
エンジン内の冷却、洗浄、ピストン・シリンダー間の密閉などもエンジンオイルの役割で、オイルが古くなって劣化してくると、潤滑性能と共に冷却、洗浄効果も急激に悪化します。
エンジン内のオイルが接するその他の消耗品も経年劣化により必ず傷んできますが、劣化したオイルに触れることによって更にその消耗のスピードが速くなります。
エンジンオイルをマメに交換することによってエンジンの調子は長く快適に保てます。オイル交換をマメにしていない車は年数を経るごとに燃費の悪くなる度合いや、オイル漏れを起こす割合が大きく違ってきます。

どの程度のサイクルでオイル交換すればいいのか?

スタンドで点検してもらうと3000Km程度の使用で交換を勧められると思いますが、個人的には5000Km程で定期的に交換すれば十分だと思います。またオイル交換2回に1回は必ずオイルエレメント(オイルフィルター)を交換してください。あと、ターボ車でしたら交換サイクルは少し短めにまた、ハンドルを握ると性格が変わる人(エンジンを高回転まで回す人)も早めのサイクルで交換をお奨めします。
あ、もしガソリンスタンドでオイル交換をするときは少しだけ気をつけてくださいね。世の中にはこんなガソリンスタンドもありますので。

マメなオイル交換はオイル漏れを防ぐ

オイル交換をマメにしている車は使用年数や走行距離が増えてきても、マメに交換していない車よりオイル漏れを起こす確立が低いと思います。ひいてはエンジンの寿命に差が出てくるはずです。

マイカーを長持ちさせるためのメンテナンスBEST.2【ロング・ライフ・クーラント】

ロング・ライフ・クーラント(LLC)はラジエーター液とか呼んだりしますが、エンジンの冷却液です。ラジエーター内のクーラントがエンジン全体を循環しながら冷却することで、オーバーヒートを防いでいます。

クーラントが古くなるとどうなる?

LLCには主成分のエチレングリコール(不凍液)のほかに防錆剤や消泡剤も配合されていますので、古くなり劣化することでラジエーター内に錆が発生したり、ウォーターポンプでクーラントが撹拌されることにより泡立ち、冷却効率が著しく低下することになります。また不凍液としての性質も徐々に失われますので冬場はクーラントが凍結してラジエーターやエンジンなどを壊す可能性があります。

ラジエーター液って水じゃだめなの?

ダメです(笑)。上に書いたようにクーラントは色々な成分が混合されていて、大事な役割があります。急場をしのぐ程度なら水でも構わないと思いますが、基本はLLCという専用の冷却液を使用します。もちろんラジエーターが空っぽの状態よりは水だけでも入れたほうがよっぽどマシです。

LLCの交換サイクルは?

ロング・ライフという名称から分かるように結構長持ちするものですが、やはり定期的に交換することが大切です。目安としては2年に一度と言ったりしますが、個人的には1年に1度交換してもいいのではないかと思います。

とにかく錆を発生させないことがクーラント交換のポイント

車を長持ちさせるという視点から考えるととにかく「ラジエーター内に錆を発生させない」のが最大のポイントです。一度発生した錆を完全に除去するのは至難の技です。発生した錆は水路を詰まらせるほかラジエーター本体・ラジエーターホースを急激に劣化させます。

マイカーを長持ちさせるためのメンテナンスBEST.3は?

ありません。というより思いつきませんでした。もちろん上に挙げた二つ以外にも定期的に交換したほうがいいものが色々とあるのですが、「車を長持ちさせる為」のメンテという視点からはエンジンオイルとロング・ライフ・クーラントを定期的に交換することが何より大切だと思います。少しメンテナンスに気を使うだけで車の寿命はぜんぜん変わってきますよ。
それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。