現代自動車(Hyundai)「ソナタ」

アメリカで日本車より高い評価を受けた韓国の現代自動車「ソナタ」ってどんな車?

日本車といえばトヨタを筆頭に欧米各国でも高い評価を受けているというイメージでした。
ここ最近はトヨタのリコール・不具合問題がクローズアップされて、ちょっと肩身の狭い日本車ですが、それでもまだまだその品質は世界トップクラスだと思いこんでいました。が、そうでもないかもしれません。
というのも、お隣韓国の現代自動車の「ソナタ」という車がアメリカで非常に高い評価を受けているというちょっとショックな記事を見つけたんです。

現代自動車の中型セダン「ソナタ」

日本では現代自動車というよりもヒュンダイ(Hyundai)といったほうが分かりやすいかもしれませんが、一般的にはとてもなじみの薄いメーカーだと思います。
私も現代自動車はもとより、ソナタという車種に関してもほとんど無知でした。「Hyundai」の文字は、トラックのロゴマークなどでたまに見かけるますが、韓国にも自動車メーカーがあるんだ、という位の感想でした。
しかし、世の中の流れは大きく変わってきているようです。

ワシントンポストのブラウン氏は、日韓を代表する各車を試乗し、比較。「現代自動車のソナタに乗ってみれば、韓国車が日本車に勝っていることが実感できる」と紹介。
  同氏は、外装デザインやインテリアスタイル、全般的な安全、効率的な走行性能、基本仕様品の水準および品質などの面で、2011年型の現代「ソナタ」が、トヨタ「カムリ」、ホンダ「アコード」、日産「アルティマ」を圧倒していると評価し、ソナタを詳しく解説した。
現代自動車「ソナタ」が米国で高い評価、日本車を圧倒-韓国メディア:サーチナ

ソナタは日本では売っていないようです。

現代自動車のHPを見てみると取り扱い車種の中にソナタはありませんでした。ソナタの上級モデルとして「グレンジャー」という車種がラインナップされているみたいですね。
ちなみにソナタの外観写真をどうぞ
2011_Hyundai_Sonata_Limited
ぱっと見、トヨタのカムリに近い感じがしますが、なかなかセンスの良いデザインで格好良いですね。
ライバル車種としてはカムリ(トヨタ)・アコード(ホンダ)・アルティマ(日産)・レガシィ(スバル)などが当てはまるようですが、これら日本車にも引けをとらないデザインになっています。

日本車のコピーモデルと揶揄されたソナタが立場逆転!?

現在販売中のソナタは6代目ですが、一つ前の5代目ソナタはその外観がホンダのアコードに酷似していると指摘されています。アメリカのロサンゼルス・タイムス紙では、

「普通、模倣品と言えば犯罪以外の何でもないが、ヒュンダイ・ソナタは今市場に出回っている車の中でその犯罪を最も鮮やかに成し遂げている車だろう。ヒュンダイが“アメリカにおいて雇用創出に貢献する”と謳い完成させた、総工費数十億ドルのアラバマ工場から初めて生まれた車である。 ちょうど、ZosoがLed Zeppelinのトリビュートバンドであったように、ヒュンダイ・ソナタは、本物より安価で販売されるホンダ・アコードの模倣品だ」
ヒュンダイ・ソナタ:Wikipedia

という辛口な表現を使ってソナタを形容しています。
日本人の私から見ると中国などでは、コピーモデルなど当たり前というかむしろ堂々としている感じがありますが、韓国でもやはり似たような風土を持っているのでしょうか?
ちなみに5代目ソナタは日本で2005年にグッドデザイン賞を受賞しています。

自動車メーカーとしての現代自動車(ヒュンダイ)は?

模倣品に対する批判とともに、自動車メーカーとしての評価はいかなるものか?気になって少し調べたところ、いくつか問題を抱えているようです。
韓国は元大統領や大臣などの閣僚がお金に関する疑惑で、逮捕されたといった類のニュースをちらほら見かけますが、現代自動車も不正資金疑惑だとか、不正販売疑惑だとかなんだか、色々ありそうなメーカーですね。
これらの件に関しての詳しい説明は省きますが、そんなメーカーの車が日本車より優れているといわれても、なんとなく釈然としないというか、納得がいかない部分があるのは事実です。
ただ、コピー云々は置いといて、実際に日本車よりも安全性や運動性能などの品質が勝っているとしたら、日本の自動車メーカーにはもっともっと頑張って見返して欲しいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。