ノルウェーの取り締まり

道路交通法と交通違反

※未完成のため不完全ですがデータは随時更新していきます。
刑罰(罰金)は点数制度と反則金制度の行政罰とは別物です。

内容 刑罰(罰金) 違反名
第七条 道路を通行する歩行者又は車両等は、信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等(前条第一項後段の場合においては、当該手信号等)に従わなければならない。 三月以下の懲役又は五万円以下 信号無視
第九条 車両は、歩行者の通行の安全と円滑を図るため車両の通行が禁止されていることが道路標識等により表示されている道路(第十三条の二において「歩行者用道路」という。)を、前条第二項の許可を受け、又はその禁止の対象から除外されていることにより通行するときは、特に歩行者に注意して徐行しなければならない。 三月以下の懲役又は五万円以下の罰金 歩行者用道路徐行違反
第二十二条 車両は、道路標識等によりその最高速度が指定されている道路においてはその最高速度を、その他の道路においては政令で定める最高速度をこえる速度で進行してはならない。 六月以下の懲役又は十万円以下の罰金 速度超過
第二十四条 車両等の運転者は、危険を防止するためやむを得ない場合を除き、その車両等を急に停止させ、又はその速度を急激に減ずることとなるような急ブレーキをかけてはならない。 三月以下の懲役又は五万円以下の罰金 急ブレーキ禁止違反
第四十二条 車両等は、道路標識等により徐行すべきことが指定されている道路の部分を通行する場合及び次に掲げるその他の場合においては、徐行しなければならない。
1.左右の見とおしがきかない交差点に入ろうとし、又は交差点内で左右の見とおしがきかない部分を通行しようとするとき
2.道路のまがりかど附近、上り坂の頂上附近又は勾配の急な下り坂を通行するとき
三月以下の懲役又は五万円以下の罰金 徐行場所違反
第五十七条 車両(軽車両を除く。以下この項及び第五十八条の二から第五十八条の五までにおいて同じ。)の運転者は、当該車両について政令で定める乗車人員又は積載物の重量、大きさ若しくは積載の方法(以下この条において「積載重量等」という。)の制限を超えて乗車をさせ、又は積載をして車両を運転してはならない。 六月以下の懲役又は十万円以下の罰金 積載物重量制限超過
第六十四条 何人も、第八十四条第一項の規定による公安委員会の運転免許を受けないで(第九十条第五項、第百三条第一項若しくは第四項、第百三条の二第一項、第百四条の二の三第一項又は同条第三項において準用する第百三条第四項の規定により運転免許の効力が停止されている場合を含む。)、自動車又は原動機付自転車を運転してはならない。 一年以下の懲役又は三十万円以下の罰金 無免許運転
第六十五条 何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。 五年以下の懲役又は百万円以下の罰金(酒酔い運転)
三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金(酒気帯び運転)
酒酔い運転
酒気帯び運転
第六十六条 何人も、前条第一項に規定する場合のほか、過労、病気、薬物の影響その他の理由により、正常な運転ができないおそれがある状態で車両等を運転してはならない。 三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金 過労運転等
第六十八条 二人以上の自動車又は原動機付自転車の運転者は、道路において二台以上の自動車又は原動機付自転車を連ねて通行させ、又は並進させる場合において、共同して、著しく道路における交通の危険を生じさせ、又は著しく他人に迷惑を及ぼすこととなる行為をしてはならない。 二年以下の懲役又は五十万円以下の罰金 共同危険行為等禁止違反
第七十条 車両等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作し、かつ、道路、交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しなければならない。 三月以下の懲役又は五万円以下の罰金 安全運転義務違反

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

運転・メンテナンス・車種情報・統計や各種データなどカーライフに役立つ情報をお届け