Audi「A6」

アウディ・ジャパンが初のハイブリッド車「A6」の販売を開始

アウディから初めてのハイブリッドモデル「Audi A6 hybrid」が9/24発売されました。

4気筒2.0リッターながら最高出力155kW(211ps)/最大トルク350Nmの高出力2.0TFSIエンジンと電気モーターで燃費を向上しています。
駆動方式は前輪駆動で、従来のトルクコンバーターに代わり電気モーターとクラッチを採用、また最近流行りの回生ブレーキで制動時のエネルギーを電力に変換しリチウムイオンバッテリーに充電します。

さらに、アイドリングストップまで採用した新しいアウディ「A6ハイブリッド」の燃費は13.8km/ℓ(JC08モード)となっています。

「Audi A6 hybrid」の主なスペック

モデル Audi A6 hybrid
エンジン 直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
総排気量 1,984 cc
最高出力[ネット] 155(211) /4,300-6,000 kW(PS) / rpm
燃費(JC08モード) 13.8 km/ℓ
価格(税込み) ¥6,900,000

直噴のインタークーラーターボエンジン×ハイブリッドシステムとはいえ、車両重量1,850 kgのボディはかなり重たく感じます。

LEXUS「GS450h」ハイブリッド
画像:Jacky W
同じくハイブリッドで価格もほぼ同等、車両重量もほぼ同じ(1,860kg)で燃費は18.2km/ℓ(JC08モード)のLEXUS「GS450h”l package”」と比べると、せめて燃費はもう少し頑張って欲しかったですね。

関連リンク
アウディジャパン公式HP
ニュースリリース「Audi A6 hybrid を発表・発売」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。