ホンダS2000のドリフト

エコドライブのテクニックを競うHondaのネットゲーム「Formula-E」を激しくオススメ

エコドライビングの技術をネット上のゲームで競い合うHondaのレースゲームがとても面白かったのでご紹介します。
インサイトやシビックなどのハイブリッドカーでエコに関しては並々ならぬ関心を世に示しているホンダが、車の燃費向上のためにドライビングテクニックを養うことができるゲームを公開しています。
このゲームが何かと面白いんです。と、ゲームを紹介する前にまずは以下のスクリーンショットをご覧ください。

悪ふざけとしか思えないホンダならではのセンスが光るプロモーションビデオが最高

さてゲームの紹介をしたいところですが、そのゲームの紹介ムービーが面白すぎて紹介せずにはいられなかったので少しばかりお楽しみください。

レーシングスーツを身にまとったレーサーが握るのはステアリングではなくマウスで、座っているのはレースカーのコックピットではなく純日本風の茶の間というのっけから悪ふざけの匂いが漂うシチュエーションです。
Hondaエコグランプリ-2
続いてはピットシーンなのかピットクルーとおぼしき二人が掃除機とほうきを持って茶の間に突入、掃除機を持っているほうは何故かレーサーに給油?をしています。ピット作業が終わるとほうきをくるっとひっくり返してレーサーに合図するなどF1で活躍したホンダならではの細かな描写がナイスです。

レースが終了した瞬間のシーンでは監督?みたいな人が派手なガッツポーズを決めています。その横ではこれまたF1などでよく見かけるピットクルーに囲まれて違和感満点のど派手な格好をしたレーサーの恋人役の女性。
Hondaエコグランプリ-5
極めつけはレース終了後のシャンパンシャワーのシーン。4畳半(決め付け)の茶の間でペットボトルの水を掛け合う悪ふざけ集団、実に楽しそうです(笑)。
こんなユニークで楽しいビデオを作る自動車メーカーなんて日本ではホンダくらいでしょうね。
必見なのはレース途中のシーンでレーサーが車の振動を自力で再現しているシーンでしょうか。揺れるはずのない茶の間で小刻みに震えているレーサーに役者魂を感じます。

Hondaのエコドライブシミュレーションゲーム「Fomula-Eco」

すっかりプロモーションビデオに食われてしまっている感がありますが、本題のレースゲームのご紹介です。
Hondaのエコドライブシミュレーションゲーム「Fomula-Eco」※音声付の動画が始まりますのでご注意!
レースゲームといっても誰かと同時に競争するわけではなく、用意されたいくつかのコースでマウス操作によってアクセルとブレーキを調節していかに低燃費な運転ができるかを競うゲームです。
このゲームで驚いたのがオンサイトのゲームにもかかわらず非常にクオリティの高い背景などの細かい作りこみです。下にゲームの1シーンを掲載します。
Hondaエコグランプリ-6
こんなゲームがブラウザ上で動作するなんてすごいですね。私のパソコン環境ではカクカクすることもなくスムーズに動いてくれました。
更に数種類のコースの作りこみも素晴らしく単に走っているだけで楽しくなること請け合いです。
私はつい楽しくなってアクセル全開、ノーブレーキで爆走してしいました。結果は当然、燃費最悪でしたが楽しかったので満足です。
レース終了後は走行中の燃費と全国ランキングが出るのでまた違った楽しみ方もできそうです。
あなたもこのゲームでエコドライブのテクニックを磨いて全国のエコドライバーに挑戦してみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。