整備工場

水抜き剤は本当に必要か?ガソリンスタンドの元店員から見たカーケア用品の謎

ガソリンスタンドで給油しているときに店員から「ガソリンタンクの水抜き剤をしばらく入れられていないみたいですけど、よろしかったら補充しておきましょうか?」なんて声を掛けられたことありませんか?
私はガソリンスタンドに勤務していたころ毎日のように、どころかお客さんがやってくるたびに水抜き剤の添加を勧めていました。
ガソリンタンクへの水抜き剤の添加は給油中に数秒で終わるため、割と買ってくれるお客さんも多かったのですがその効果や必要性に疑問を感じたことがあるのではないでしょうか?

そもそも水抜き剤ってどんなもの?

水抜き剤と言っていますがガソリンタンクに混入した水分を抜き取れるわけではありません。実際にはガソリンと水分を一緒にエンジンで燃やすことによってタンク内の水分を除去するものです。
通常ガソリンと水分は「水と油」の例からも分かるように混ざり合うことはありませんが、水抜き剤の主成分であるイソプロピルアルコールはガソリンと水分の両方に混ざる性質を持っていて、ガソリンタンクへの添加により水分をエンジン内で燃やしてくれるわけです。

ガソリンタンクに水がたまるとどうなる?

ガソリンタンクに水分がたまると車にいくつかの悪影響を与えます。まずガソリンタンクに長期間にわたって水分がたまったら、金属製のガソリンタンクの場合錆が発生することが考えられます。更に時間が経過するとタンク自体に穴が開いてしまうかもしれません。
次にガソリンタンク内にはフューエルストレーナーというネット状の簡単なフィルターのようなものがあるのですが、ここに水分がたまることで正常に燃料を吸い上げることができなくなりガス欠状態になることもあり得ます。
更にエンジン内まで水分が運ばれた場合は、その量によっては最悪エンジンに深刻なダメージを与えてしまうことになります。
いかがですか?ガソリンタンクに水分がたまると意外に厄介ですよね・・・ガソリンタンクに水がたまったらの話ですが。

トラブルが起こるほどの水分がガソリンタンクに果たしてたまるのか?

答えは「No」と言ってもよいと思います。ガソリンタンクに水分がたまるのはかなり昔の車では確かにあったのかもしれません。給油口の密閉が不十分だったりガソリンタンクが鉄製で結露による水滴が発生したりということもあったのでしょう。
ただ現在の自動車のガソリンタンクは密閉性も高く、素材に関しても樹脂性が多く結露による水分の混入の可能性は激減していると思われます。しかもガソリンタンク内には常に揮発した燃料が充満しているため結露の原因となる空気自体がほとんど進入しないという見方もあります。
それでも何らかの原因でタンク内に水分が浸入した場合はやはりトラブルにつながると思いますが、可能性としては極めて低いでしょう。

水抜き剤を入れたことによりトラブル発生の可能性も

ここまで読んで水抜き剤の必要性に疑問を感じたあなたはもちろん正常ですのでご安心を。さて、もう少し水抜き剤の話にお付合いください。
水抜き剤の主成分がアルコールであることは既に書きましたが、このアルコールはエンジン内の燃料パイプなどを腐食させる可能性があると言われています。
さらに添加の際には適切な分量(タンク内のガソリンとの割合)を守る必要がありますが、そんなことに気を使っているスタンド店員を私は見たことがありません。

でもスタンドの店員は入れたほうが車に良いって言われるし・・・

基本的にガソリンスタンドの店員というのは営業マンだと思ってください。多くのスタンドでは社員をそういう風に教育しています(多分)。私もかつては色々な物を売っていました。いや、売らされていました。
そしてスタンドの店員は売り言葉(営業トーク)は上手ですが、車についての深い知識を持っている人はごくわずかです。少なくとも私の在籍したスタンドでは車や整備に関する知識や技術を向上するための研修なり、勉強会なりをやっていた記憶はありません。
代わりに営業トークはマニュアルがあり店員同士でお客さん役・店員役にわかれて販売の練習をしたりしていました。そんな店員の勧めるカーケア用品、その代表的な存在が「水抜き剤」です。

結局入れる必要があるのか?無いのか?

これには実に面白いというか興味深い答えがあります。
ガソリンスタンドの店員が勧める水抜き剤。ですが、私が在籍したガソリンスタンドや他の店舗の同僚や店員が自分の車に水抜き剤を入れた・入れたことがあるという話を聞いたことがありません。
私ですか?もちろん入れたことありません。
使用を勧める割にはその本人は使っていない謎のカーケア用品、それが水抜き剤です。

「水抜き剤は本当に必要か?ガソリンスタンドの元店員から見たカーケア用品の謎」への7件のフィードバック

  1. 全く必要ありません。
    こんなキナ臭い商品を売ってること自体 不思議だ。

  2. 水抜きはガソリンスタンドのぼったくりアイテムの一つ。
    なんたって原価100円以下のものを10倍近い値段で入れてくるからな。
    水抜きが全く無意味だとは言わないが、水抜き入れるくらいならエンジン清浄に特化した添加剤とかハイオク入れたほうがよっぽどいい。

  3. 元ディーラー整備士ですが、水抜き剤は現在のクルマには必要ありません。それどころか水抜き剤の主成分(イソプロピルアルコール)はガソリン以外の燃料ですから燃費は落ちます。引火点などの変化にはコンピューターが自動的に制御しますが、体感的には加速力の低下に繋がります。

    もちろん昔のクルマ(20年くらい前まで)はガソリンタンク内の機密性や素材などの理由で水抜き剤は必要でした。

  4. 元エネ〇ス店員です。
    原価100円以下で効果なんて
    体感できるほど期待できません。

    自分はノルマがきつかったんで
    仕方なく入れてました。
    まったく必要性を感じませんでしたが…。

  5. 要は今の車だとどちらでもいいのでしょうかね 冬場の雪国ではどうなのか深刻に思うのですが 本当に問題はないのですよね?
     水抜きも種類が色々ですし 安いの入れたら走らなくなりましたよ 必要ないのかな? 
     
     なぞの商品ならわざわざ作らないで欲しい物だ(T T)

  6. バッテリー強化液と共に車に詳しくないユーザーを
    ぼったくるおまじないグッズですな

  7. ちなみに私は元ガソリンスタンド店員ですが閉店近くに1人で店番をしている時にこっそりと自家用車に入れた事がありますが効果があるのかどうかは分かりません?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。