元スタンド店員の整備士が教える車を長持ちさせる為のメンテナンスの秘訣というか常識 BEST.3

こんにちは元ガソリンスタンド店員のyo-heiです。
在籍していたスタンドのSS(サービス・ステーション)で、整備士として毎日のようにお客さんの車の簡単なメンテナンスをしていた経験から、車の調子を保つ・又は車を長持ちさせるために気を使ったほうがいいことを知っています。
続きを読む

車はエコカーに乗り換えたという方へ、運転はそのままですか?JAFが教えるエコドライブのための10か条

世の中エコブームが始まって久しいですが、自動車に関してもエコカーブーム真っ只中です。エコに対してブームだなんだというのがそもそも間違っているかもしれませんが、車を所有して運転する以上は少しでも財布と地球に優しくありたいものですよね。
エコカー減税+補助金の恩恵もあって現在、ハイブリッド車などのエコカーへの乗換えが急速に進んでいる模様ですが、乗っていますかエコカー?ちなみに私はまだ10年落ちの軽自動車に乗っていますのでエコカーブームには乗れていません。
続きを読む

マニュアル車でクラッチを踏まずにギアチェンジする方法。緊急時に使えるドライビングテクニック

最近では一部のスポーティな車とトラックなどの商用車以外すっかり見かけなくなったマニュアル車。いまや大型トラックですらオートマ車があるくらいですから当たり前と言えば当たり前。それくらいAT車のトランスミッションの性能が向上していると言うことなんでしょうね。
街中でもあまり2ドアクーペというかスポーツカーを見かけなくなりました。たまに見かけるのは日産のGT-RやフェアレディZ、マツダのRX-8、ホンダのS2000といったおしゃれで格好いいけどちょっとお値段が・・・というような車ばかり。
10年ほど前だったら日産シルビアや180SX、スカイライン、トヨタならスープラ、ホンダならシビックなどいたるところで目にしたものですがスポーツカー好きな私にとっては寂しい限りです。スポーツカーといえば基本2ドアで狭いしマフラーの音はうるさくてカーオーディオの音楽が聞こえなかったりと、不便だけど何故か楽しいそんな気持ちにさせてくれます。
続きを読む

闇車検、それは確かに存在する。あなたの車は大丈夫?神奈川の不正車検発覚で再認識

先日、自動車関連のニュースで目にした「神奈川いすゞ自動車」の不正車検問題。内容は車検時に必要なブレーキの分解整備を怠ったというものですが、これはとんでもないことです。
ブレーキという安全に関わる一番重要な部分の点検をしないということは、スキューバダイビングで酸素ボンベの残量を確認せずに海に潜るようなもの(大げさ?)。とにかく、運転中にブレーキが効かなくなったらどうしてくれるんですか? 続きを読む

これって欠陥?メーカーに問い合わせてもリコールじゃないって・・そんな時は自動車不具合情報ホットラインへ

何でもそうですが世の中完璧なものなんてありませんよね。自動車だってそうです。だけど車は高い買い物、そりゃ完璧を望むに決まってます。
それでもやっぱり人間の作ったものたまには?欠陥があったりします。最近は天下のトヨタ自動車がリコール問題の連発で信用が大きく揺らいでいますよね。
自分の大事なマイカーが「何かおかしい」「これってこんな物だっけ?」と感じたらあなたならどうしますか?
気の短い方ならディーラー・販売店に怒鳴り込むかもしれません。そうでなくても問い合わせの電話ぐらいかけるでしょう。そして電話の相手によっては話にならない・相手にしてもらえないこともあるかもしれません。そんなときは家に帰って布団を噛みながら枕を濡らして寝ましょう。
・・・では悔しすぎるのでここに連絡することをオススメします。
続きを読む

ガソリンスタンドでオイル交換しているという方へ、世の中にはこんなスタンドもあります。

こんにちは yo-heiです。
突然ですがオイル交換ってどこに頼んでいますか?

  • 給油や洗車のついでにガソリンスタンドで
  • 近くの自動車整備工場で
  • カーディーラーで
  • カーピットのあるホームセンターなどで
  • イエローハットやオートバックスなどのカー用品専門店で
  • 自分で
  • 基本的にオイル交換なんてしない(笑)

さて今回はこの中のガソリンスタンドでオイル交換をしているという方のための記事になると思います。
念のために・・・これから書く記事の内容は全てのガソリンスタンドにおいて共通の出来事ではありません。世の中の大部分のスタンドは下記のようなことはないと思いますが、実際にそんなスタンドが存在していたのも事実です。存在していたと過去形なのは現在のそのスタンドの情報を知る術がないためです。
続きを読む

リコールとは?

リコールとは自動車に限った言葉ではありませんが、基本的には欠陥商品をメーカーが無料で修理をする制度の事です。道路運送車両法では自動車の構造、装置又は性能が保安基準に適合していないおそれがある場合に臨時検査を受けるべき、と規定しています。逆に言うと保安基準に無関係な部分の欠陥などはリコール対象とはならないということのようです。 続きを読む

トヨタ自動車空前のリコールでどうなる?業界の勢力図

つい先日、自動車関連のニュースで話題となったのがトヨタ自動車のリコール問題。
トヨタの欧米、中国向けの「カローラ」「カムリ」「RAV4」などの数車種のアクセルペダルが踏み込んだ状態のまま戻らなくなる可能性があるという危険なもの。対象車は南米や中東にも輸出されておりその影響はかなり大きなものになることが予想されます。
トヨタ自動車のリコールといえば昨年秋のフロアマットの問題でもニュースになっていましたが、今回のリコールと合わせると世界全体で何と1000万台を越える規模に膨らむようです。 続きを読む

運転・メンテナンス・車種情報・統計や各種データなどカーライフに役立つ情報をお届け